オランダ発マインドフルネスのトレーニングpart. 1 マインドフルネスとは何か


マインドフルネスとは

マインドフルネスとは方法論であり心の在り方でもあります。人生のあらゆる局面において役に立ち、マインドフルネスの状態を作れるようになることで心と体を良い状態にすることが出来るようになります。

アメリカのマインドフルネスの権威であるジョン・カバット・ジン氏はマインドフルネスを

「今の瞬間に目的を持って、瞬間から瞬間に次々と起こる経験を評価することなく注意を向けること」

と定義しています。

この定義はとても素晴らしいのですが、マインドフルネスとは何かを説明するより実際にマインドフルネスのトレーニングを行うことでどのような状態に達するのかを知ったほうが理解しやすいです。

マインドフルネスは学んで、個人が実践することで本当に理解出来るようになるものです。

マインドフルネスのトレーニングによって得られるもの

心を今ここに集中させることで気持ちが鮮明になり、自分、そして周りのあらゆるものに対する気づきを得られるようになります。それによってリラックスした状態で集中力が増しストレスが軽減して、体と心が良い状態になっていきます。

マインドフルネスの適応

マインドフルネスのトレーニングはアメリカではますます注目されています。そしてすでに様々な分野で活用されるようになっています。実際にストレスの軽減や痛みのマネジメント、そして鬱病やそのほかのメンタルの問題など様々な分野で応用されています。

マインドフルネスの起源は2500年前までさかのぼり、ブッダの瞑想が元になっています。現在は宗教色を除き世界に普及しており、医学や心理学の専門家が人々の健康状態の向上のために活用するまでになりました。

#体の健康 #心の健康 #トレーニング

特集記事
最新記事